Primal Memento : Yoshiaki Kita 

Kita began to think about “Primal Memento” when he was traveling around Latin America. In 1991, he fled out from Japan as if he was afraid of being chased by an unknown something. Kita crossed Europe to Africa, then to Latin America and then finally to Asia. Encountering the natives and the locals who are still respecting the old fashioned way of living, and finding decayed monuments triggered the creation of “Primal Memento.”Kita was especially struck by an Indigena girl, whose eyes and expressions he recalls back as if they were filled with strong will that will never be influenced by any epoch or generation. Her eyes did not refrain from inheriting the history of memories that the human beings have succeeded. From these moments on, he has not yet terminated putting his effort into gathering his memento and structuring them into pieces of photography.

The memories from the dawn of time, such as the children’s eyes, the weathering ruins, and the epidermis regrown in Kita’s photography remind the venerableness of inheritance and its continuation. Motifs numerous, this exhibition renders the universality of a dynamic stream called history. Indigena (Indigeno): Due to the recent understanding of prejudice against the usage of the word Indio, such nouns as Nativo, Prehispanico, and Indigeno are becoming more common.

Kita는 라틴 아메리카를 여행할 때 <원시적 기억>에 대해 생각하기 시작했다. 그는 마치 자신이 미지의 무언가에게 쫓기는 거마냥 일본을 떠났다. Kita는 유럽을 건너 아프리카로, 그리고 남미로, 그리고 마지막으로 아시아로 넘어왔다.
전통적인 삶의 방식을 아직도 존경하는 원주민들과 현지인들과의 만남과 허물어진 기념물의 발견은 원시적 기억을 창조하는 데에 시발점이 되었다. 이 순간부터, 그의 기억들을 모으는 것과 그것들을 사진의 조각들로 구조하는 것에 전념하였다.  Kita의 사진에 담겨 있는 아이들의 눈, 풍화로 인한 폐허,그리고 전염병과 같은 새벽의 기억들은 상속과 연속에 대한 존경을 일깨워준다. 수많은 모티브를 가진 이  전시회는 역사라는 역동적인 흐름의 보편성을 선보인다.

北 義昭 “原子の記憶”
北義昭がはっきりと「原始の記憶」について考え始めたのは、中南米を旅している頃。
1991年に何かから逃げ出すように日本を出、ヨーロッパからアフリカへ渡り、中南米、アジアと旅して廻りました。
旅の途中で出会った、昔ながらの生活をしている人々や風化していく遺跡が、「原始の記憶」について考えるきっかけになったと語ります。
中でも、南米でのインディヘナ(*)の女の子との出会いに強い印象を受けた北は、彼女の表情や瞳には「時代に影響されることのない強い意志が滲み出ていた。
人間が受け継いできた記憶の歴史を閉ざすことなく引き継いでいる。」と語り、まるでその記憶を集めるかのように写真を制作しています。
北の写真に写る子供の瞳や風化していく遺跡、動物の表皮、そういった様々な形態で立ち現れる太古からの記憶は、
失ってしまったものよりも、受け継がれ、残っていくものの尊さを考えさせられます。
モチーフは様々ですが、歴史という大きな流れの中の普遍性を感じることができるでしょう。
*インディヘナ:indigena、土着の人、の意。インディオという言葉に侮蔑的な響きがあることから、
現在は先住民のことをナティーボ、プレイスパニコ、インディヘナなどということが多くなってきています。

Kita ได้ริเริ่ม “Primal Memento” เมื่อเขาเดินทางไปท่องเที่ยวทั่วละตินอเมริกาในปี พ. ศ. 2534 Kita ออกจากญี่ปุ่นแล้วเดินทางไปทวีปยุโรป แอฟริกา ละตินอเมริกา และเอเชีย เขาได้กับพบชาวพื้นเมืองและชาวบ้านที่ยังคงเคารพในวิถีชีวิตดั้งเดิม และได้พบซากอนุสาวรีย์ผุพังที่ใช้กลไกการสร้างแบบ Primal Memento ในช่วงกลางของการเดินทาง เขาได้เกิดแนวคิดเกี่ยวกับความทรงจำในอดีต  เขาได้พบกับหญิงสาวที่มีดวงตา  สะท้อนถึงความรู้สึกอันแรงกล้า ประวัติศาสตร์ และความทรงจำของมนุษย์  ภาพถ่ายของ Kita ได้แสดงถึงความเลื่อมใสและความศรัทธาของมนุษย์ที่ได้สืบทอดต่อๆ กันมา

Yoshiaki Kita
Born in Osaka, lives and works in Osaka, Japan.
1988 Japanese photograph picture technical school.
I become a free-lance assistant.
I begin a trip in 1987 in the country.
After 1991, I begin production while roaming about the foreign countries.(Europe,Africa,Asia, Central and South America.)
2002 I win the grand prix by Nikkei National Geographic contest (Japanese edition)
Solo exhibition「Animals」Gallery ississ(Kyoto)、「Ninos」Gallery 308(Osaka)、
「Ninos」Nikon salon(Tokyo)、「Ninos」Gallery Sen(Osaka)、「Eyes」Gallery Illum(Soul in Korea)

Group exhibition「Bravo Beijing Olympic(Free Tibet)」ARTBIT GALLERY(Soul in Korea)
「Cabinet libraryVol.1」Port Gallery T(Osaka)、
「Mirror montage」Belgium Brandl center(Osaka)
A lot of others

Collection Kiyosato Museum of Photographic Arts

Art Festival
suwonphoto(Korea)
Pyeong Chang Biennale(Korea)
Dali International Photography Exhibition(China)
Switzerland Basel(Switzerland)
New York SCOPE(U.S.A)
Taipei photo festival(Taipei)
Vermont Arts Festival(U.S.A)
Chicago Art Festival(U.S.A)
Seoul Photo(Korea)

 

현재 오사까 다까라즈까 조형대학 사진과 출강
2011 – 시카고 아트 페스티벌(미국)
2010 – 버몬트 아트 페어(미국)
2009 – 아를르 포토 페스티벌(프랑스)
2009 – 선, 갤러리 칸텔모(미국)
2007 – 아이즈, 갤러리 이룸(대한민국)
2007 – 오사카 사진월간(일본)
2007 – 교또 사진월간(일본)
2002 – 네셔널 지오그래피(일본어판) 공모전 대상
작품 소장
기요사또 사진박물관(일본)

 

北 義昭(きた よしあき)
大阪府出身。1988年、日本写真映像専門学校卒業、フリーアシスタントになる。
1987年より国内を旅し、1991年以降、海外へと放浪の場を移し、
ヨーロッパ・アフリカ・アジア・中南米などを撮影。
2002年、日経ナショナルジオグラフィックコンテスト(日本語版)でグランプリを受賞。
宝塚大学造形芸術学部非常勤講師。
主な個展「Animals」Gallery ississ(2003京都)、「Ninos」Gallery 308(2003大阪)、「Ninos」ニコンサロン(2003東京)、
「Ninos」Gallery 千(2003大阪)、「Eyes」Gallery Illum(2007韓国ソウル)
主なグループ展「Bravo Beijing Olympic(Free Tibet)展」ARTBIT GALLERY(2008韓国ソウル)、
「キャビネット・ライブラリーVol.1」Port Gallery T(2008大阪)、「ミラー・モンタージュ」ベルギー・ブランドルセンター(2010大阪)
他多数

コレクション:清里フォトアートミュージアム

Art Festival
水原国際写真フェスティバル2015(韓国)
Pyeong Chang Biennale 2013(韓国)
第4回大理国際撮影大会(Dali International Photography Exhibition)(中国)
スイス バーゼル(スイス)
ニューヨーク SCOPE(アメリカ)
台北写真フェスティバル(台湾)
バーモンド・アート・フェスティバル
シカゴ・アートフェスティバル(アメリカ)
ソウル・フォト2010(韓国)
アルル・フォトフェスティバル(フランス)
パリ・アートフェアー(フランス)
上海アートフェアー